FC2ブログ

映画の話をしよう

時代にあった「映画の話」を独断と偏見で書きまくり、喋りまくります。ほとんど脱線状態ですが、時たま、まともなことも・・・。時代に合っているかどうか、果たしてどうなることやら。(2009年6月4日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2008年11月29日

●今週は、自主映画1本と演劇を1本見ました。相変わらず劇場映画には指食が伸びず、映画見まくり状態には程遠い状況です。やはりあれかなぁ・・・、ボクの中では劇場映画の存在価値がもう一つ薄くなっているのかもしれません。それでなくても、遂に購入した携帯電話にかなりの時間を取られたり、あまりの寒さに布団の中に潜りこんだり、どうしても現実的な日常の変化の方に重点が置かれてしまいます。
 それを突き破るだけのパワーが今の劇場映画があるのだろうか?・・・。映画の公開情報も注意して拾う感じでもないので、ボクの中では、映画はますます偏狭に追いやられている感じです。
 時間があるときは近くのシネコンに足を運んだりもするのですが、入り口の次週公開のチラシの多さに呆然としてしまいます。一応チェックはするのだけど、興味がわく作品は少ないですね。また、見たい映画があってもタイムスケジュールが合わなかったりして・・・。最近は入れ替え制なのでその辺のロスも見る気を無くす原因の一つです。もちろん興味のある作品は時間をチェックしたり万全を尽くすのですが、そうでない作品はフラッと見たりするので、その段階でアウトです。
 確かに映画を見る環境等は格段に良くなったのでしょうが、それが、興行側の事情によるものか、見る側の要望だったのかは検証の予知がありそうです。(2008年11月29日)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。